SANWAの強み1 ーフィルムインサート成形ー

独自の曲面形状の成形技術を確立し
国内や海外で多くの支持を誇る家電の操作パネル。

洗濯機や炊飯器、電子レンジなどの操作パネルが一段とスタイリッシュに、そして機能的になってきました。独自の曲面形状の成形技術を始めとした様々なノウハウの組み合わせは、世界レベルで評価されています。射出成形は、スクリーン印刷を始めプレス、金型などの工程を合わせたものであり、これらの技術が何ひとつ欠けても製品は成り立ちません。
国内の家電メーカーの操作パネルのほとんどに当社の製品が使われています。生活を便利にする家電製品の一端を担うSANWAグループのフィルムインサート成形。私たちは社会やお客様のニーズにいち早く対応し、製品化・量産化に取り組んでいます。

SANWAの強み2 ー蒸着・スパッタリングー

車の意匠性が問われるエンブレムだからこそ
最新の技術が、必要とされる。

車の気品を創出するエンブレム。その意匠性を主張する数々のマークは、アクリル成形、スクリーン印刷、塗装、蒸着・スパッタリングなどの工程を用い一貫工法で製品化しています。このように多くの技術を組み合わせて量産できるのが当社の強みです。特にエンブレムは、形状の細部に至るまできれいな加飾が要求されます。それができるのは、金型設計の段階からお客様との入念な打ち合わせと、熟練した技術があるから。最新鋭の工場で生産される美しい艶。表面は勿論、裏の形状にも当社のノウハウが施されています。車の顔を創りだすエンブレムの蒸着、スパッタリングは世界に誇れる技術です。

SANWAの強み3 ー塗装・レーザー加工ー

素材から自社で成形しなければ、いい塗装はできない。
様々な工程の裏に隠された独自のノウハウ。

カーライフを安全に楽しく過ごすためのスイッチノブやパネルなどの製造は、成形素材の段階から生産し、塗装、レーザーカット加工、検査、出荷に至るまで全て自社で一貫して行なう事が可能です。また、車の内装に使われるピアノブラック塗装(漆黒調)や高輝度メタリック塗装(金属調)といった難易度の高い塗装も行い、多くのお客様から高い評価をいただいています。素材の段階から成形しているからこそ、精度の高い納得のいく塗装が出来るのです。長年にわたり多くの実績を生み出している当社の塗装技術は、厳しい管理体制の下で確かな品質を保証し、国内はもとより海外の自動車メーカーからも信頼をいただいています。

SANWAの強み4 ー透明樹脂加飾ー

条件の厳しい製品こそ、技術がものを言う。
きめ細かな生産管理で製品の品質を保証。

車内の内装に使用されているシフトインジケーターと呼ばれる表示部には当社の透明樹脂成形の技術が活かされています。この成形は樹脂内の異物混入はもとより、表面部分の些細な不具合も許されない実に条件が厳しい製品です。このような製品に対し、当社はいままで培ってきた技術ときめの細かい品質管理で対応。ハードルが高い製品こそ蓄積された技術がものを言います。シフトインジケーターを始めとした透明樹脂の加飾は、スクリーン印刷、射出成形、塗装、レーザー加工などの工程を用い、車の走る・止まるをサポートしています。