SANWAグループは、自社で開発した加飾技術を組み合わせ、
全工程を社内で一貫生産しています。


SANWAグループの保有工程

スクリーン印刷 [シリンダープレス/半自動印刷機/成形印刷機]
当社の創立時からある工程で、ポリエステルやナイロンなどの繊維で作られている版を使用する特徴のある印刷工程です。これは、版の上にインクをのせ、スキージと呼ばれるヘラ状のもので版の穴の開いている部分にインクを押し出してフィルムに付着させる原理を用いています。

保有拠点:本社工場・第2工場/静岡工場/美濃工場/マレーシア/インドネシア/タイ/上海/原ネームプレート製作所

トムソン
フィルムを必要な形状でカットする工程です。トムソン刃と呼ばれる刃を用いた型を使用してフィルムをカットします。

保有拠点:本社工場・第2工場/静岡工場/マレーシア/インドネシア/タイ

プレス
プレス機を使用し「抜き」「曲げ」「絞り」など様々な加工が出来ます。また樹脂フィルムや金属版などにも加工が可能です。

保有拠点:静岡工場/日立工場/マレーシア/タイ/上海/メキシコ/原ネームプレート製作所/プラバンス

射出成形 [フィルムインサ―ト成形/フィルムインモールド成形/2色成形・透明材料成形/その他一般成形]
プラスチック製品を製造するのに最も多く用いる成形方法です。ペレットと呼ばれる樹脂の粒をシリンダーと呼ばれる加熱筒で融解させ、スクリューで金型に注入し、冷却して成形します。
2種類の樹脂を同時に成形できる2色成形機も保有しています。

保有拠点:静岡工場/美濃工場/日立工場/千葉工場/マレーシア/インドネシア/タイ/上海/メキシコ/原ネームプレート製作所/プラバンス

塗装 [ ロボット塗装/スピンドル塗装]
プラスチックの成形品を加飾するのに多く用いる工程です。エアーを使って塗料を霧状に微粒化させて吹き付ける方法です。ロボット塗装や、製品を回転させながら塗装するスピンドル塗装と呼ばれる方法も行っています。

保有拠点:美濃工場/千葉工場/マレーシア/インドネシア/タイ/上海/原ネームプレート製作所/プラバンス

レーザー加工
YAGレーザー機とCO2レーザー機の2種類を保有しています。YAGレーザー機は、塗装したプラスチック製品の塗装膜を意匠形状に除去する装置で、主に夜間照明など光を透過させる製品の製造に使います。また、CO2レーザー機は主に樹脂成形品を必要な形状に切断するために用います。

保有拠点:美濃工場/マレーシア/インドネシア/タイ/上海/プラバンス

蒸着
主にプラスチック製品の表面に金属膜を形成させる工程です。真空状態で金属を加熱することにより、気体状の金属が成形品の表面に金属膜を形成します。また膜厚をコントロールすることでハーフミラーにすることも出来ます。

保有拠点:美濃工場/千葉工場

スパッタリング
主にプラスチック成形品の表面に金属膜を形成させる工程です。真空状態でプラズマ化されたアルゴンをターゲット(金属膜を形成させたい金属)に当て金属原子を飛ばして表面に付着させる工程。蒸着より密着が強く、膜厚が薄いことが特徴です。

保有拠点:美濃工場/千葉工場/タイ/原ネームプレート製作所

オフセット印刷
版の撥水性を利用した印刷方法で、親水性の支持体に親油性の感光膜を形成し、非画線部の親油層を除去して印刷します。原理として版に湿し水(しめしみず)を付けることで、版の非画線部に水が付着し、その後インクを付けることにより非画線部はインクが乗らず、画線部にあたる部分のみインクが付着します。これをブランケットと呼ばれるゴム胴に移して印刷。高速印刷やグラデーションは勿論、きめ細かい柄も可能です。プラスチックフィルム、金属板などにも印刷できる機械も保有しています。

保有拠点:本社工場

ポッティング
印刷したフィルムまたは金属板の上に特殊で透明な樹脂を盛る工程です。エンブレム等に使用される技術で、銘板に立体感を与えます。使用する樹脂は、鉛フリーで環境にやさしい材料を用いています。

保有拠点:原ネームプレート製作所

インクジェット
プラスチック成形品に使用可能なインクを用い、通常のインクジェットプリンターと同様の原理で印刷します。意匠データを直接印刷することができ、小ロット印刷や1工程で多色印刷することも可能です。

保有拠点:原ネームプレート製作所

ホットスタンプ
印刷されたフィルムまたは金属を蒸着したフィルムを用いて成形品に転写する工程です。シルクスクリーン印刷では難しい、平面以外の成形品にも加飾することが出来ます。

保有拠点:本社工場

パット(タンポ)印刷
金属の版に付着したインクをパットと呼ばれるゴム状の転写体に転写したのちに成形品に印刷する工程です。パットは主にシリコンゴムが使用されており、パットに付着している間に溶剤が揮発して成形品の表面に印刷する原理になっています。

保有拠点:本社工場/美濃工場