1日の仕事追跡レポート

技術職の1日

SANWAの技術職はどんな仕事をしているのだろう。
成形のプロフェッショナル杉浦さんの一日を追ってみた。

自分がつくった製品が店頭に並んでいるのを見ると
やり甲斐を感じますね。

<成形>杉浦優一(すぎうらゆういち)/2005年入社

8:30
出社
タイムカードを押し、作業服に着替える。とりかかるのは工場内の清掃。気持ちよくそして効率よく仕事をするためには、まず職場をきれいにすることが大切と語る杉浦さん。
8:45
ミーティング・機械のチェック
製品によって機械が違うので 誰がどの機械を使ってどの製品をつくるのかをミーティング。杉浦さんを中心に話し合いが行われる。その後チェック表に基づいて機械を点検。基本的なことをしっかり実行することが精度の高い製品づくりにつながる。
10:00
成形作業・品質チェック
成形して仕上がった製品をチェック管理表に沿って不具合がないかどうかを3回(初→8時30分・中→12時50分・終→15時15分)にわけて点検し、品質が一定であるかどうかを確認。こうして何回もチェックをすることで安定した製品を生産することが出来る。
12:00
昼食
13:00
成形作業・品質チェック
午前中に引き続き、仕上がった車の部品や家電製品の成形品を管理表に沿って点検。自分がつくったものが店頭に並んでいる様子を見るとやり甲斐を感じると杉浦さん。
17:30
クレーンを使って新たな金型を扱う。
製品が変わる場合は、金型を機械から外し、新たな製品の金型をとり付けな ければいけない。慣れた手つきで作業を進める杉浦さん。クレーンを扱う時には玉掛けといった作業があり、操作するには資格が必要。安全に気を付け、吊り上げている時は下を通らないよう注意を払っていると話してくれた。
19:30
退社
きょうも無事に一日が終わる。お疲れ様でした。

営業職の1日

SANWAの営業職はどんな仕事をしているのだろう。
イケメン営業野田さんの一日を追ってみた。

ものづくりに興味があったから、ものづくりに優れた会社に入りました。
前進している会社だなって思いますね。

<営業>営業  野田剛雅 (のだよしのり)/2008年入社

8:30
出社
全体ミーティングのあと部署ごとのミーティングをし、一日のスケジュールを確認。午後からお客様との打ち合わせがある野田さん。SANWAの営業マンの一日が始まる。
9:00
メールの内容を確認
営業マンにとってメール確認は必須条件。内容によってはお客様に電話をし、そうでなければメールで返信する。担当している製品の試作状況を工場に見に行くなど朝から忙しい。
10:00
製品の進行状況を担当者とミーティング
成形して仕上がった製品をチェック管理表に沿って不具合がないかどうかを3回(初→8時30分・中→12時50分・終→15時15分)にわけて点検し、品質が一定であるかどうかを確認。こうして何回もチェックをすることで安定した製品を生産することが出来る。
12:00
昼食
メニューが豊富なのが嬉しいと野田さん。トマトのスープパスタがお気に入りとか。若い人の好みを考えたメニューもあって好評!野田さん太鼓判の昼食。
13:00
お客様と打ち合わせのために出張
見積りをはじめ試作品の色や寸法、試作後の改善策、納品などSANWAの営業マンは何かとやることが多い。ものづくりに優れた会社と聞いて入社したという野田さん。お客様とのうち合わせにあわただしく出かける。
17:00
帰社・今後のスケジュールを関係者と打ち合わせ
お客様との打ち合わせの結果を関係者と共有し、これからのスケジュールを話し合う。ニーズに応えるための話し合いが続く。
19:00
退社
メールチェックをして退社。最後にうちの会社は、常に新しいものにチャレンジしている会社、前進している会社だなって思いますね。野田さんが笑顔で語ってくれた。